TOP > わたしたちの米作り

出穂

2015.08.08

お米が花を咲かせることを「出穂」といいます。
ひとつの花で、たったの2時間ほどしか咲かない希少な花です。

出穂

LINE.png

水管理

2015.08.08

出穂後10~12日に高温が続くと乳白粒等の発生が多くなり玄米品質が低下します。
高温対策として出穂後10~12間は朝かん水、日中湛水、夜間落水を実施します。

水管理

LINE.png

病害虫防除

2015.08.08

穂いもち病、紋枯病の防除をします。
稲の具合をチェックし、早期発見、早期防除をします。

病害虫防除

LINE.png

ソーラーパネルと田んぼ

2015.08.08

病害虫防除
病害虫防除

LINE.png

金のいぶき

2015.07.10

特徴
1.胚芽が大きくGABA含量が高い。
2.低アミロースで良食味。
3.耐冷性が強い。
金のいぶきも育てております。

金のいぶき
金のいぶき

LINE.png

保温的水管理

2015.07.10

深水管理をし、茎数が20本程度確保されたら無効茎を抑える。

保温的水管理

LINE.png

畦畔管理(あぜかんり)

2015.06.30

田んぼに溝を掘り、土手草の管理をする。
カメムシ等の病害虫の発生を防ぎます。

畦畔管理(あぜかんり)
畦畔管理(あぜかんり)

LINE.png

田植え

2015.05.08

運んできた苗を丁寧に植えて行きます。

田植え
田植え

LINE.png

苗の積みこみ

2015.05.08

手塩にかけて育てた苗をいよいよ田んぼに運びます。

苗の積みこみ
苗の積みこみ
苗の積みこみ

LINE.png

温度管理

2015.05.06

最低温度、最高温度を設定。

温度管理

LINE.png

田植えを待つ苗

2015.05.06

2.5葉以内で田植えをする。

田植えを待つ苗

LINE.png

しろかき

2015.05.06

田んぼに水を入れ土をこねる。

ステビア資材

LINE.png

ステビア資材

2015.04.20

苗つくりの際にステビア資材を葉面散布する。

ステビア資材

LINE.png

育苗管理

2015.04.20

昼間は20℃〜25℃
夜間低温になる時は保湿対策をする。

育苗管理

LINE.png

緑化

2015.04.20

20℃〜25℃の温度で、2〜3日間、草丈3センチメートルまで管理する。
ハウス等に移す。

緑化

LINE.png

出芽

2015.04.20

目の長さが1センチメートル位になります。
シートでまだ覆われています。

出芽

LINE.png

温度管理

2015.04.20

28〜30℃の温度で、2〜3日温度管理をします。

温度管理

LINE.png

催芽/種の温度管理

2015.03.17

種もみが見えなくなる程度に土をかぶせ、シートで覆い芽が出るまで温度管理をします。

催芽/種の温度管理

LINE.png

種子消毒/水づけ・消毒

2015.03.17

種もみを品種ごとに水に浸し芽を出させます。
種の病原菌を殺す。
種に水分を吸収させる。

種子消毒・浸種

LINE.png

育苗培土/苗用の土つくり

2015.03.17

土を細かくして病気の薬(タチガレン)と肥料を混ぜる。
種まきまえに混合する。
デロコムシの予防、イモチ病の予防

育苗培土/苗用の土つくり

LINE.png